音楽 »



クラシックの名曲をMIDIファイルによる100%オリジナル楽曲配信。
高音質mp3でダウンロード可能。

RSS: http://classical-sound.seesaa.net/index20.rdf
コメントする  | Bury
関連付けられたタグ
クラシック音楽 音楽配信
Feed Reader
6_rss
♪歌劇の幕間に演奏される天上的調べの美しい間奏曲歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」は、ピエトロ・マスカーニがイタリアの小説家、ジョヴァンニ・ヴェルガの戯曲に基づいて作曲した1幕物のオペラ(1890年初演)です。1889年、ミラノの音楽出版者ソンツォーニョは、1幕物の歌劇を募集しました。当時は旅芸団の興行や、市立楽団の指揮者で生活していたマスカーニでしたが、歌劇募集の話に、わずか8日間で「カヴァレリア・ルスティカーナ」を書き上げ、見事入選。26歳にして名声は世界的なものとなり..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Mascagni-Cavalleria-Rusticana-...mp3

「イ長調交響曲は泥酔者の作であるといわれている。巨大な哄笑を伴う激情の興奮と、惑乱する諧謔の閃き、思いもよらぬ恍惚悦楽の態。それはまったく酩酊せる人の作である。力と天才とに陶酔する人の作であった。自ら『自分は美酒を人類のために捧げる酒神(バッカス)である。人に神聖な熱狂を与える者は自分である』と称した人の作品である。」 - ロマン・ロラン第7交響曲と第8交響曲は、ほぼ同じ時期に並行して作られています。ベートーヴェンは1812年にウィーン郊外のリンツに転居し、水も豊かなこの地で..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Beethoven-Symphony-No7-1st-201...mp3

♪ワーグナーが「舞踏の神格化」と評した荘厳な楽章通常、このような短調のゆったりしたテンポの曲調では、ある程度は湿っぽくなりがちですが、ベートーヴェンの場合、短調が厳格さや気品につながるから不思議です。交響曲第7番は全体に溌剌とした勢いのある楽章が多いため、イ短調の第2楽章はまったく違う表情で、第7番に深い趣きをもたらしています。 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-2872419170159004" ..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Beethoven-Symphony-No7-2nd-201...mp3

パッヘルベルのカノン、ショパンの別れの曲、ドヴォルザークの新世界より、スメタナのモルダウ、エルガーの威風堂々、ホルストのジュピター…。クラシックには挙げればきりがない程の名旋律がありますが、この曲の美しさ、品格はやはり群を抜いているでしょう。J.S.バッハの『G線上のアリア』は、管弦楽組曲第3番の第2曲アリアを、ドイツの名ヴァイオリニスト、アウグスト・ウィルヘルミ(1845-1908)が、ヴァイオリンのG線のみで弾けるように編曲したことがきっかけでヴァイオリン独奏曲としても、..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/J.S.Bach-Air-On-G-2019-AR.mp3

ベートーヴェンをめざし21年の歳月を費やして完成させた交響曲第1番は、その内容の立派さや格調の高さからベートーヴェンの第10番と呼ばれました。もちろん、交響曲の歴史に名を刻む大傑作ではあるものの、“ブラームスらしさ”という点では少し物足らないと言えるかもしれません。音楽の外形には後期ロマン派のブラームスの香りが漂っていますが、強靭な精神性の中身は、まさしくベートーヴェンそのものだったからです。 style="display:block" data-ad-cli..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Brahms-Symphony-No4-1st-2019-AR2.mp3

やすらかで満たされた第2楽章が終わると、再び運命の不吉な影が忍び寄ります。一度は平安を得た主人公が、第3楽章ではもう一度、過酷な運命に立ち向かいます。しかしそれはいくら振り払っても纏わりつく黒煙のように、闘う主人公を苦しめ続けます。とその時、それまでの奮闘を笑い飛ばすかのような、大胆で豪快な音楽が始まります。どこかユーモラスで上機嫌なその音楽は、細かいことは気にせず思うままに行けばよいと言っているかのようです。しかしそれも程なくして止み、主人公はひとり、あてなき道をとぼとぼと..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Beethoven-Symphony-No5-3rd-4th...mp3

第2楽章では、自らを取り巻く外的世界の出来事に左右されない、絶対不動の内なる平安な世界が描かれています。そこには暴風雨に荒れる台風の中心の目のように、不思議な静かさが在ります。ベートーヴェンは音楽の途中で、自身の内側に沈潜していく様を表しています。それは祈りや瞑想、禅のような内側に目を向ける作業です。 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-2872419170159004" data-ad-slot=..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Beethoven-Symphony-No5-2nd-201...mp3

30代が近づき耳の不自由さがいよいよ深刻さを増して来たベートーヴェンは、華やかな社交界からは退き、人との交流を避け、ウィーン郊外の喉かな田園地帯であるハイリゲンシュタットに居を構えて、そこで作曲活動に専心するようになりました。一度は遺書まで書き、死を覚悟したベートーヴェンは、自らの使命感でそれを乗り切ると、以後は人間の生死に関わる内相的で、奥行きのある大作をいくつも作るようになりました。九つある交響曲はその代表作で、ことに「英雄」「運命」「田園」「第九」などはただの音楽の領域..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Beethoven-Symphony-No5-1st-201...mp3

イギリス・ロンドンで毎年夏に開催される、世界的なクラシック音楽祭「ザ・プロムス」。8週間に及ぶシリーズの最終日(ラスト・ナイト)では、BBC交響楽団と合唱団、そして聴衆が一体となって、『威風堂々』を歌い上げてフィナーレを締めくくります。その高揚感に満ちたシーンからは、いかにイギリス国民が第2の国歌として、この曲を愛しているかが、否が応でも伝わってきます。『威風堂々』とひと口に言えば、ニ長調の第1番か、あるいはその中間部(2:00)の、トリオの有名な旋律、『希望と栄光の国』(L..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Elgar-Pomp-and-Circumstance-Ma...mp3

「ツァラトゥストラはかく語りき」は、ドイツの哲学者ニーチェの未完の哲学的詩作です。主人公のツァラトゥストラはゾロアスター教の開祖とされるペルシャの伝説的人物。彼は13歳で故郷を捨て山に入り、10年間の瞑想生活を過ごします。そしてある朝、日の出と共に目覚め、太陽に悟りを得たことを告げるのです。山を降りた彼は俗界に帰り、予言者として新たな思想を説き始めます。自分の知恵を人間のおごりが謙虚になるまで、不満足が満足になるまで分け与えたいと考えるこの主人公こそが、他ならぬニーチェ自身の..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Richard-Strauss-Also-sprach-Za...mp3

楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は、神話や架空の世界を舞台とする壮大なスケールの他の多くのワーグナー作品とは違い、中世ドイツのマイスタージンガーたちの実生活を題材とした、ワーグナーとしては珍しくユーモラスで楽しい作品です。作曲は1845年に着手され1867年に完成、翌年にミュンヘンで初演されました。抒情的で美しい旋律の「懸賞の歌」は、劇中でも最も知られています。14世紀ドイツには、職人たちの親方でありながら詩人、音楽家としても活動する「マイスタージンガー」と呼ばれる..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Wagner-Die-Meistersinger-von-N...mp3

あたたかく親しみやすい旋律で、エルガーの作品中でも特に愛される小品です。妻としてエルガーを支えたキャロライン・アリス・ロバーツとの婚約記念に贈った曲で、元はピアノとヴァイオリン用だったものを、ピアノ独奏用、小編成の管弦楽など、エルガー自身が編曲を施した、いくつかの版が残されています。タイトルはドイツ語を得意としたアリスのために「Liebesgruss」と名付けられましたが、出版社からフランス語に変更を求められ、「Salut d'amour」になっています。アリスはエルガーのピ..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Elgar-Salut-damour-2019-AR.mp3

作曲家としての地位を確立する前のサティは、生計を立てるためにカフェのピアニストを始め、ミュージック・ホール、キャバレーのための歌や付随音楽の作曲家を約15年間続けていました。この時代に作曲された多くの歌曲(シャンソン)の中でも、特に魅力的な旋律で、今も広く愛され続けているのが1900年に作曲された「ジュ・トゥ・ヴ」です。元々は歌曲集『ワルツと喫茶店の音楽』のうちの1曲とされていて、アンリ・パコーリ作詞と伝えられる歌詞に作曲した歌とピアノのためのシャンソンです。“スロー・ワルツ..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/ErikSatie-Je-te-veux-2019-AR.mp3

「おそらくワーグナーの手による最も成功した、かつ最も霊感に満ちた作品」チャイコフスキーが1871年に、この曲について評した言葉です。楽曲全編に漂う神妙なインスピレーションは例えようがなく、あたかも天界の神々の世界に通じるような宗教的な響きがあります。またこの曲はチャップリンの1940年の映画「独裁者」で感動的に使われています。 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-2872419170159004" ..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Wagner-Lohengrin-Prelude-to-Ac...mp3

第2楽章「ラルゴ (Largo)」には主題となる旋律に多くの歌詞が付けられ歌になっています。中でもウィリアム・アームズ・フィッシャー(英語版)が1922年に作詞、編曲した歌曲、合唱曲が人気で、「Goin' Home」(家路)のタイトルで広く知られ愛されています。フィッシャーは「Goin' Home」の作詞にあたって、黒人英語風の表記を用いるなど霊歌を思わせる演出も加えていました。フィッシャーの歌詞における「home」は「家」ではなく、「故郷」という意味と、キリスト教的な、死後..

https://classical-sound.up.seesaa.net/image/Dvorak-Symphony-No.9-2nd-2019-AR.mp3

Site Title
Site Url
http://classical-sound.seesaa.net/
description

コメント

No one has commented on this article yet.

ログインしてコメントする or register here.