音楽 »



※wikiより
西洋のクラシック音楽における重要な楽器の一つで、オーケストラによる合奏や弦楽四重奏、弦楽五重奏、ピアノ三重奏といった重奏の中では低音部を受け持つ。また、独奏楽器としても重要であり、多くのチェロ協奏曲(チェロ・コンチェルト)やチェロソナタが書かれている。

ポピュラー音楽においては決して一般的ではないが、しばしばポップスやロックの曲中でも用いられる。
ベルリオーズの時代には俊敏性にかけるといわれた歴史もあるものの、現在ではヴァイオリンやヴィオラでできる芸当は現実的にチェロでも可能と解釈されている。

チェロに関した楽曲を時代ごとに挙げると、バロック音楽ではJ.S.バッハの「無伴奏チェロ組曲」、古典派音楽ではハイドンの「チェロ協奏曲第1番ハ長調」が挙げられる。ロマン派音楽では、ドヴォルザークの「チェロ協奏曲ロ短調」とエルガーの「チェロ協奏曲ホ短調」が有名で、ドヴォルザークのチェロ協奏曲は、数あるチェロ協奏曲の中でも特に有名かつ評価が高い。日本では「ドボコン」(「ドヴォルザークのコンチェルト」の意。彼が生涯に書いた協奏曲の中で最も有名であるが故である)と略され親しまれている。

RSS: http://magnatune.com/podcasts/xml/cello.xml
Feed Reader
555_rss
In this podcast: 1. Music of the Spheres, 2. Da Camera, 3. SJ Pettersson, 4. Tanya Tomkins and Eric Zivian, 5. Jami Sieber, 6. Poeticall Musicke, 7. Gerard Satamian, 8. The Kingsbury Ensemble, 9. The Bach Players, 10. Voices of Music, 11. Vito Paternoster, 12. Chad Lawson, 13. Gerard Satamian, 14. Vito Paternoster, 15. The Bach Players, 16. Vito Paternoster

http://throttle.magnatune.com/podcasts/mp3/magnatune_cello_podcast_2017_09...mp3

In this podcast: 1. Bill Robinson, 2. Claire Fitch, 3. The Sarasa Ensemble, 4. Vito Paternoster, 5. Vito Paternoster, 6. Vito Paternoster, 7. The Bach Players, 8. Music of the Spheres, 9. Jami Sieber, 10. Da Camera, 11. Vito Paternoster, 12. American Baroque, 13. Barry Phillips, 14. Vito Paternoster, 15. American Baroque

http://throttle.magnatune.com/podcasts/mp3/magnatune_cello_podcast_2017_09...mp3

In this podcast: 1. Sieber, Kammen and Fulton, 2. Sulis, 3. The Bach Players, 4. Vito Paternoster, 5. Jennifer Lane, 6. Vito Paternoster, 7. SJ Pettersson, 8. Vito Paternoster, 9. Ensemble Electra, 10. Vito Paternoster, 11. Jami Sieber, 12. Voices of Music, 13. The Sarasa Ensemble, 14. Gonzalo X Ruiz, 15. Voices of Music, 16. The Bach Players, 17. Ensemble Mirable, 18. Altri Stromenti

http://throttle.magnatune.com/podcasts/mp3/magnatune_cello_podcast_2017_09...mp3

Site Title
Cello podcast at Magnatune
Site Url
http://magnatune.com/podcasts/cello
description

コメント

No one has commented on this article yet.

ログインしてコメントする or register here.