歌手・アーティスト »



1998年に東京都にて結成された日本のハードコアバンドマキシマム ザ ホルモン(MAXIMUM THE HORMONE)によるポッドキャスト配信。

※wikiより
■ダイスケはん(本名: 津田 大輔(つだ だいすけ)、1977年9月13日 - )

ボーカル(デスヴォイス、シャウト)担当。旧表記「DAISUKE」「ダイスケ」、英語表記は「Daisuke(-)han」公式プロフィールの表記はキャーキャーうるさい方(ほう)。
血液型はA型。他のメンバーからは、ダイスケはん、ダイちゃんなどと呼ばれる。
メンバーの中で唯一の香川県高松市出身。香川県立高松西高校、創価大学卒業。
旧メンバー時(1stアルバム『A.S.A. Crew』)は「DAISUKE」という表記だった。また1stシングル「ブルペン キャッチャーズ ドリーム」では「ダイスケ」と表記されている。
アルバム『耳噛じる』収録の「パトカー燃やす」と「ポリスマンファック」では、ドラムを演奏している(「ポリスマンファック」はナヲがボーカルを担当しているため)。ナヲの産休中は、マキシマムザ亮君と上ちゃんと3人でスタジオに入る機会があり、その際にドラムを叩いていたと自身が司会を務める「モンスターロック」(スペースシャワーTV)で発言している。
お笑い芸人のダイノジやトータルテンボスらと交友がある。
普段は眼鏡を使用している。
VOWファンであり、VOW20にコメントを寄稿している。
ナヲと2人で「メディア班」と呼ばれ、ラジオやテレビなどのメディアへの出演 ライブなどのMCなども主にこの2人である。ライブのMCなどでは、ツッコミやボケ役も兼ねている。
2008年10月24日、声帯にのう胞があることが発表され[2]12月11日に摘出手術が終わった事が発表された。
兄弟がおらず1人っ子であり、メンバーの中で唯一の未婚者である。

■マキシマムザ亮君(マキシマムザりょうくん、本名: 川北 亮(かわきた りょう)、1978年12月13日 - )

クリーントーンのボーカル、ギター担当。旧表記は「亮君」、英語表記は「Maximum the ryokun(〜Ryo-kun)」。公式プロフィールの表記は歌と6弦と弟。
血液型はO型。体重は80kgを超えている。ドラムのナヲの実弟である。主にすべての楽曲の作詞作曲を担う。他に歌詞カード内での曲の解説や、すべてのホルモンTシャツのデザインプロデュース、公式サイトにてイラストなども描いている。
影響を受けた・好きなアーティストはシステム・オブ・ア・ダウン、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、TOOL、ワイルドハーツ、パンテラ、コンヴァージ、マイク・パットン関連全てといった広義のヘヴィ・ロック/ミクスチャーから、ラモーンズ、NOFX、ランシドといったパンク、電気グルーヴやエイジアン・ダブ・ファウンデーションなどのエレクトロニカ、すかんち、Thee michelle gun elephant、ウルフルズ他の日本語ロック、さらにうしろゆびさされ組など、非常に多岐にわたる。
既婚者で一児の父。入籍時期などの詳細は不明だが、ナヲのブログには彼の妻子についての記述が度々登場する。
靴を履く事を嫌い、常に便所サンダルを履いている。ちなみにサンダルのブランドにもこだわりがあり、本人は「VIC」というブランドのサンダル以外は敵と発言している[4](株式会社ニシベケミカル製のダンヒルという製品名の便所サンダルだと思われる。製品には、かかとのあたりにVICのロゴが入っている)。
名前の「マキシマムザ亮君」の「君」は敬称ではなく、「暴君」などに用いられる「君」である。
歌詞や曲の解説やライブの隅々までを表面ではなく内側まで見聞きして欲しい、という信条ゆえ音楽の違法アップロード等を嫌う。
THE MAD CAPSULE MARKETSのKYONOのプロジェクト「WAGDUG FUTURISTIC UNITY」の「SYSTEMATIC PEOPLE」という曲でfeaturing マキシマムザ亮君としてコラボ。
雑誌BUBKAにて「マキシマムザ亮君のマキシマムザ合法トリップ」を隔月連載していた(最終回2010年2月27日発売)。 
前述の雑誌BUBKAでもそうだが、近年のメディアの各所にてAKB48を含めた秋元康の商法を遠回し的に批判することが多い。


■上ちゃん(うえちゃん、本名: 上原 太(うえはら ふとし)、1980年4月15日 - )

ベース、一部ボーカル担当。英語表記は「Ue(-)chan(g)」。公式プロフィールの表記は4弦。
血液型はA型。他のメンバーからは、上ちゃん、上原、太などと呼ばれる。
「上原〜FUTOSHI〜」という楽曲がアルバム『ロッキンポ殺し』に収録されている。
介護福祉士の資格を保有。
おっとりした性格のためか、イジられ役が多い。
既婚者で、ニ児の父でもある。結婚日時は不明だが、2009年1月23日付けの今日の亮君で、「上ちゃんの結婚時期はメガラバツアーの後」という発言が見られる。
レッド・ホット・チリ・ペッパーズの熱狂的ファンで、メンバーと同じ柄のタトゥーを入れている。
弟はドラマーの上原晃で、BASS MAGAZINE 2009年5月号で兄弟セッションを果たしている。子供のころ、2段ベッドの上から枕や物を投げて泣かすのが日課だった。

■ナヲ(本名: 熊本 奈緒)、1975年12月16日 - )

ドラムス、ボーカル担当。英語表記は「Nawo」或いは「Nao」。公式プロフィールの表記はドラムと女声(おんなごえ)と姉。
血液型はA型。グループ最年長。マキシマムザ亮君の実姉である。ライブではMCも担当する。ライブのラストで必ず客に強制参加させる「恋のおまじない」の説明も彼女の担当。
普段は眼鏡を使用している。
2008年12月16日、ブログで、結婚と入籍を発表。夫は親交のあったパンクバンド「REMIND」(既に解散)のベーシストで現在はivory7 chordで活動中。2009年11月6日に妊娠を発表。翌年5月6日に、女の子を出産。

RSS: http://blog.fmosaka.net/jungle/55mth/podcast.xml
Feed Reader
209_rss

コメント

No one has commented on this article yet.

ログインしてコメントする or register here.